更紗屋雑貨店・zazieのつれづれ。旅とか外国とか。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< タカプラで開催「CARNIVAL」 | main | コイキナフリマ いよいよ明日! >>
向田邦子展とガーデンマーケットのお知らせ
 

向田邦子さんの作品との出会いは、
中学校の教科書で読んだ「字のないはがき」でした。
鹿児島に向田さんが住んでいた時期、私の祖母も平之町の
その近くに住んでいたそうで、その話になると祖母の表情がいつも
いきいきとしてきます。

ご縁があってこの夏、現在かごしま近代文学館で開催中の
向田邦子展 〜彼女のすべて26のキーワード〜の図録に掲載する
向田邦子さんの遺品の撮影をさせて頂きました。
数々の作品の原稿から、愛用の万年筆やパスポート、カメラ(OLYMPUS PENも!)
着ていらっしゃった服、普段使いの食器などを間近で見ると、
早世してしまった彼女の息遣いが聞こえてきそうでした。
面白かったのが、猫たちのごはんを作るための寸胴鍋。
愛猫家だったことが有名ですが、餌にするトビウオを10キロ煮るために
使っていたそう。
猫の匂いを消すために、いつも玄関でお香を焚いていたそうで、
浜田庄司の香合も、遺品の中にはありました。

持ち物のどれを取ってもそのセンスの良さを感じずにはいられませんでした。
時代に捕われない審美眼を通して選ばれたものたちもまた、
向田さんの表現のように思われます。



「よくある、どこか無機質でよそよそしい図録ではなく、
読み物として、いつも手元に置いておきたくなるようなものにしたい」という
展示と図録の編集をされた女性スタッフの方々の思いを伝えられるような
写真になっていればいいのですが。

向田邦子展は11月30日(月)まで、
かごしま近代文学館・メルヘン館で開催中です。
私も最終日、母と祖母と一緒に行くつもりです。


そして、もう一つイベントのお知らせ。
今年も慈眼寺ガーデンマーケットが明日、開催されます!

今回も30近くの店舗がマテバシイの並木道に並びます。
こちらのエントリーでご紹介したリンギンベルズロンドクラブから
アコーディオンの新井さんがいらっしゃって、パフォーマンスを
して下さる事になってます。
詳しいイベントの情報などは、こちらのオフィシャルブログでお伝えしています。


いつも会場周辺が混雑してしまい、ご来場下さる皆様に
ご迷惑をお掛けしてしまって申し訳ございません。
ご来場の際はJRのご利用、またはお友達とのご同乗にご協力頂けますよう
お願い致します。

また、マイバッグ・マイカップのご持参にもご協力頂けると幸いです。

お天気もなんとか大丈夫そうです!
ピクニック気分で、ぜひ慈眼寺公園に遊びにいらして下さいね♪

スポンサーサイト
『向田邦子 その人生と家族観』というイベントがあります。http://www.nwec.jp/

平成22年2月24日(水)〜25日(木)
講義:「『あ・うん』に見る女の自我をめぐって」 講師:栗原敦 実践女子大学教授

「向田邦子の魅力−手袋を探し続けた人生と作品から」向田邦子の人生を『手袋をさがす』などの作品を通じて話します。
講師:栗原敦 実践女子大学教授 井上謙 元近畿大学教授

「向田邦子の家族像−その光と影をめぐって−」
向田邦子によって描かれた家族像には、家族の光の部分だけでなく、家族崩壊の兆しを表現した作品もあります。『阿修羅のごとく』などの作品を取り上げ、昭和50年代の家族の状況について学びます。講師:井上 謙 元近畿大学教授

自由発表:「向田邦子に届けたい言葉−わたしにとっての手袋」
プログラムを通じて感じたことを踏まえて、暮らしの中で自身が大切にしていることについて自由な形式で発表します。
コメンテーター:井上 謙 元近畿大学教授
たぴおか | 2010/02/03 13:27
COMMENT









Trackback URL
http://zazie7.jugem.cc/trackback/525
TRACKBACK